1月20日 「東京外環道訴訟」提訴報告集会が開催されます



昨年 12月18日  外環予定地に住む方々を中心に、
住民が、国と都に対して訴訟をおこしました。
市民外環連絡会の賛同人の方々も原告になり、
外環道路事業そのものを、訴えました。

地権者住民の許諾なしに、住宅地の真下にトンネルを掘る「大深度法」に対して、その違法性・危険性・不当性を明らかにする訴訟です。
本線16km全体を対象にする訴訟は初めてです。
(呼称 = 東京外環道訴訟」)


訴訟に合わせて、「東京外環道訴訟を支える会」が発足
その会主催で、提訴についての報告集会が開催されます。

■「東京外環道訴訟」提訴報告集会
~住宅の真下にトンネルいらない!~

 2018年1月20日(土)18時30分~
  場所:武蔵野公会堂第1・2会議室

  (吉祥寺駅南口徒歩2分)

主催:東京外環道訴訟を支える会

180120提訴報告会のご案内

12月18日 「東京外環道訴訟」が提訴されました。

12月18日  外環予定地に住む方々を中心に、
住民13名が、国と都に対して訴訟をおこしました。

市民外環連絡会の賛同人の方々も原告になり、
外環道路事業そのものを、訴えました。
本線16km全体を対象とした訴訟は初めてです。

「東京外環道訴訟を支える会」も生まれました。
市民外環連絡会は、この会を支援していきます。

地権者住民の許諾なしに、住宅地の真下にトンネルを掘る「大深度法」に対して、その違法性・危険性・不当性を明らかにする訴訟です。
原告の方々は 呼称として「東京外環道訴訟」と命名しました。



12月18日 当日は、まず、東京地裁前を提訴行進。
外環沿線7区市の住民に加え、国会議員、道路・公共事業の問題や、リニア訴訟に取り組む各地の人々など、総勢約50名の方々の参加があり、力強い連帯・応援の御挨拶がありました。

 13:30 東京地裁に訴状を提出。
「東京外環道大深度地下使用認可無効確認等請求事件」
 訴訟番号は、平成29年(行ウ)572号
 東京地裁民事第38部担当です。

同日 14:;00 記者会見
10社近くの記者に対して、
弁護士と原告4名から外環道事業の違憲性や住宅街の地下に巨大トンネルを掘ることの問題を訴えました。
NHK、毎日、時事通信、赤旗の記者の質問に答えました。

その後、報告集会
提訴と記者会見の報告をしました。

12月10日 (日) 合同集会&総会を開催します。

〜「外環予定地・住民の会」&「市民による外環道路問題連絡会」合同集会のお知らせ〜

今、外環道路事業が
近くに住む人の心配を無視して
急速に、押し進められています。

外環予定地に住む人たちに、
土地の強制測量が行われ、
巨大な道路工事が、やってきました。

私たちの町の安心な暮らしは
どうなるのでしょうか。

ずっと、ここに住みつづけたい。
穏やかな生活がしたい。

住民の大切な権利と環境を守るために、
一人ひとりの力をつむいでいきましょう。

外環道路計画の中止を求める署名は
増えつづけています。
訴訟の準備を始めた住民もいます。

外環中止への道を、
たゆまず歩みつづけましょう。

集会に、ぜひ、ご参加ください!

【日時 場所】
2017. 12.10 [日] 午前10時30分〜12時10分
会場・井の頭コミュニティセンター 新館
   三鷹市井の頭 2-32-30 Tel 0422-44-7321
   京王井の頭線 「井の頭公園駅」より徒歩 5分
※ 参加無料・途中入退場可・どなたでもお気軽にご参加ください

プログラム[予定]
❶外環問題・ここが知りたいQ&A 
 
~ 巨大トンネル工事と陥没事故など~
❷玉川大学准教授・小山雄一郎さんのお話
~ 市民外環10 年・この運動が意味するもの~
❸今どうなっているのか?!
     そして、これからを考えよう!
❹ つながろう 続けよう

〜11年目を迎えた「市民による外環道路問題連絡会」〜
  「外環道路予定地・住民の会」と共に~

—ひき続き「交流会」も行います
交流会 午後12:10〜13:10

ご参加、おまちしています。
集会のご案内

第48回衆議院議員選挙 立候補予定者
「外環道路」緊急アンケート


2017衆院選候補「外環」アンケート 集計結果

第48回衆議院議員選挙 立候補予定者 「外環道路」緊急アンケートの集計結果がでましたので公開します。

  市民からの問いかけに、毎回きちんと答える候補者・・・
  市民からの問いかけを、無視し続ける候補者・・・・・
  以前には答えたのに、答えなくなった候補者・・・・・

  候補者の姿勢が、浮かび上がるように思います。
   
   

∞∞∞∞∞∞∞ 過去のアンケートもご覧になれます ∞∞∞∞∞∞∞
  
  
■東京都議会議員選挙
●2013年東京都議会議員選挙(6月23日投票):練馬区
●2013年東京都議会議員選挙(6月23日投票):世田谷区
●2013年東京都議会議員選挙(6月23日投票):杉並区
●2013年東京都議会議員選挙(6月23日投票):市部

■衆議院議員選挙
●2014年衆議院議員選挙 (12月14日投票) 東京選挙区
●2014年衆議院議員選挙 (12月14日投票) 比例ブロック
●2012年衆議院議員選挙 (12月16日投票) 東京選挙区
●2012年衆議院議員選挙 (12月16日投票) 比例ブロック
●2009年衆議院議員選挙 (8月30日投票) 東京選挙区
●2009年衆議院議員選挙 (8月30日投票) 比例ブロック

■参議院議員選挙
●2016年 参議院議員選挙 (7月10日投票) 東京選挙区
●2013年 参議院議員選挙 (7月21日投票) 東京選挙区
●2010年 参議院議員選挙 (7月11日投票) 東京選挙区
●2010年 参議院議員選挙 (7月11日投票) 比例ブロック

■東京都知事選挙
●2016年東京都知事選挙(7月31日投票)
●2014年東京都知事選挙 (2月9日投票)
●2012年東京都知事選挙 (12月16日投票)

■三鷹市長選挙・市議会議員選挙
●2015年三鷹市長選挙・市議会議員選挙 (4月26日投票)
●2011年三鷹市長選挙・市議会議員選挙 (4月24日投票)

外環道路工事で談合疑惑


日経コンストラクション 9月15日

9月1日、NEXCO東日本と中日本は「東京外かく環状道路」のトンネル拡幅工事について、
「談合などの疑いを払拭(ふっしょく)できない」
として、業者の選定手続きを中止しました。

具体的な工事対象は、外環トンネルと中央自動車道との接続に関する場所です。
地下の本線トンネルを拡幅して、地上に向かうランプ(坂道の)トンネルが分岐する箇所の工事で、国土交通省は「世界でも類を見ない難工事」と認めています。
そのような難工事を、人の住む真下で行うこと自体が、大変危険です。
しかも、その責任重大な施工会社を決める入札で、問題があったということは、住民を、極度の不信と不安の中に陥れる行為といわざるを得ません。

土砂崩落 地上に巨大な穴 − 新幹線トンネル工事


北陸新幹線の延伸に向けたトンネル工事の工事現場で、9月8日、土砂の崩落事故がありました。
地上部分に当たる市営グラウンドが直径15メートルにわたり陥没しました。
工事現場の作業員は、直前に異変に気付いてトンネルの外に避難したため、けが人はいませんでした。

外環道路は、人の住む家々の真下を貫通します。
もしこのような陥没事故が起きたら、生命・財産の危機に直結します。
人の住む真下にトンネル工事を行うこと自体が、常軌を逸した行為といわざるを得ません。

詳しくは NHK News をどうぞ