12月9日 (日) 合同集会&総会を開催します。

〜「外環予定地・住民の会」&「市民による外環道路問題連絡会」合同集会のお知らせ〜

今、外環道路事業が
押し進められています。

私たちの町の安心な暮らしは
どうなるのでしょうか。

外環予定地に住む人たちに、
土地の強制測量が行われ、
巨大な道路工事が、やってきました。

けれども、訴訟に踏み切った住民がいます。
工事も次々と問題があらわれています。

ずっと、ここに住みつづけたい。
穏やかな生活がしたい。

人間を大切にする まちを求めて、
外環中止への道を、
たゆまず歩みつづけましょう。

住民の権利と環境を守るために、
一人ひとりの力をつむいでいきましょう。

外環道路計画の中止を求める署名は
増えつづけています。
集会に、ぜひ、ご参加ください!

【日時 場所】
2018. 12.9 [日] 午前10時30分〜12時30分
会場・井の頭コミュニティセンター 新館
   三鷹市井の頭 2-32-30 Tel 0422-44-7321
   京王井の頭線 「井の頭公園駅」より徒歩 5分
※ 参加無料・途中入退場可・どなたでもお気軽にご参加ください

プログラム[予定]
●玉川大学准教授・小山雄一郎さんのお話

 ~道路建設でメリットを受けるのは誰?~
●外環道路 どうなっているのか?
  そして、これからを考えよう
❹ つながろう 続けよう

  12年目を迎えた「市民による外環道路問題連絡会」
   「外環道路予定地・住民の会」と共に

—ひき続き「交流会」も行います
交流会 午後12:30〜13:30

ご参加、おまちしています。

集会のご案内

東京外環道訴訟を支える会編集の本が出版されました

市民による外環道路問題連絡会・三鷹も支援している【東京外環道訴訟を支える会】の編集で外環道路に関する本が出版されました。

『住宅の真下に巨大トンネルはいらない!―ドキュメント・東京外環道の真実』
 東京外環道訴訟を支える会(編集), 丸山 重威(著)

市街地の真下に、16Km におよぶ長大なトンネルを貫通させようとする
「外環道路計画」の隠された実態と、それに対する住民の粘り強い反対運動の歴史が
描き出されています。

「知らぬ間に市民たちの足元が巨大トンネルになる。
   この理不尽な大深度の闇を本書の証言が照らし出す」【浜矩子さん推薦】
「国・都とゼネコンの許しがたい実相、東京外環道問題の真相を告発する
   迫真のドキュメント」【amazon】

市民による外環道路問題連絡会・三鷹の活動も紹介されています。

購入すると【東京外環道訴訟を支える会】への支援となります。
ぜひお買い求め下さい。

住宅の真下に巨大トンネルはいらない!

外環道訴訟を支える会【ニュース4号】 発行されました

外環道訴訟を支える会より、【ニュース4号】が 発行されました

「東京外環道訴訟第3回口頭弁論」が開かれます

「東京外環道訴訟第3回口頭弁論」が開かれます
東京外環道訴訟の第3回口頭弁論が開かれます。
・10月9日(火)14時~
・東京地方裁判所 大法廷103号法廷

(地下鉄「霞ヶ関」駅A1出口)
   原告と弁護団が意見陳述を行います。
◆ 裁判終了後、15時~ 報告集会が開かれます。
   衆議院第2議員会館(B1F) 第1会議室
   (14:45~1階ロビーで入館証配布)
   丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」
   1番出口より徒歩5分
   弁護団から解説がされます。

詳しくは、東京外環道訴訟を支える会ブログ
【東京外環道訴訟 第1回口頭弁論(3月13日)のご報告 】でご覧下さい

外環道訴訟を支える会【ニュース3号】 発行されました

外環道訴訟を支える会より、
【ニュース3号】が 発行されました

大深度地下からガス・地下水噴出!

野川であぶく発生! 野川遊歩道・工事ヤード内に出水!
シールドマシンから地中に注入した添加剤入りのガスが、地表面に噴出!
大深度地下と地表がつながってしまいました。
酸欠ガス噴出、土壌汚染、地下水汚染、地表面の陥没、地盤沈下などのおそれがいよいよ強くなってきました。

詳しくは
【東名JCTトンネル工事で何が起きているの?野川の酸欠ガス・地下水噴出が示す危険な予兆】でご覧ください。