「東京外環道訴訟第2回口頭弁論」が開かれます

東京外環道訴訟の第2回口頭弁論が開かれます。
・6月12日(火)11時30分~12時
・東京地裁8階803号法廷

(地下鉄「霞ヶ関」駅A1出口)
   原告と弁護団が意見陳述を行います。

◆ 13時~ 報告集会が開かれます。
   衆議院第1議員会館 第5会議室
   (12:30~1階ロビーで入館証配布)
   丸ノ内線・千代田線「国会議事堂前駅」
   1番出口より徒歩5分
   弁護団から解説がされます。

外環道訴訟を支える会【ニュース2号】 発行されました

外環道訴訟を支える会より、【ニュース2号】が 発行されました180501_外環道訴訟支える会News2号s

東京外環道訴訟 第1回口頭弁論が開かれました

東京外環道訴訟の第1回口頭弁論が、3月13日午前11時30分から、東京地裁803号法廷で開かれました。

52人入る傍聴席は、市民で埋め尽くされ満席。残念ながら20名余りの方が傍聴できない状況でした。

原告側は訴状に従って
1.大深度法が憲法違反である。
2.公益上の必要性が無いか乏しい。

と陳述しました。

被告側(国・都)は
「原告適格について明らかにせよ」との要求がありましたが、
原告弁護団は「すでに被告側が把握しているはずである。早く中身の議論に入るように」と申し入れ、裁判長も、それを了承しました。

次回期日は、6月12日(火)11時30分〜 803号法廷

詳しくは、東京外環道訴訟を支える会ブログ
【東京外環道訴訟 第1回口頭弁論(3月13日)のご報告 】
でご覧下さい

3月31日(火)浜矩子講演会を開催します。

浜矩子さんは、アベノミクス批判として知られる経済学者。
「アホノミクス」の名付け親であり、
歯に衣着せぬ物言いで、政治、経済の問題点を鋭くわかりやすく言葉にできる論客です。

その浜さんをお招きし、
外環道路をはじめ、この国でいつまでもたっても止まらない「巨大な土木公共事業の問題点」をえぐり出して頂きます。
外環道路は、1兆数千億円の巨費を使い、
建設目的が曖昧。自然環境も住環境も破壊する、巨大プロジェクトです。
このような道路をつくっていて、この国に未来はあるのか?
私たちは、どうすべきなのか?
いっしょに問い、学び、力としましょう。

【日時 場所】
2018.3.31(土)14時00分~16時00分
      会場 13時30分
会場・三鷹市元気創造プラザ 生涯学習センター4階ホール
   東京都三鷹市新川6-37-1  Tel0422-45-1111
会場の定員が126名のため先着順になります。
※ 参加無料・途中入退場可・どなたでもお気軽にご参加ください
180331_浜矩子講演会案内

【速報】外環の2:練馬1Km事業認可取り消し訴訟 判決

本日「外環の2:練馬1Km事業認可取り消し訴訟」の判決が、東京高裁でありました。
甲斐哲彦裁判長が、経緯などの事実認定を詳細に行いながらも、行政に最大限の裁量権を認める判決を言い渡しました。
判決文は、「止めよう!外環の2」HPにて、見ることができます。

「東京外環道訴訟第1回口頭弁論」が開かれます

東京外環道訴訟の第1回口頭弁論が開かれます。
・3月13日(火)11時30分〜
・東京地裁8階803号法廷

当日は、原告陳述が予定されています。
弁護団陳述(武内更一、遠藤憲一両弁護士)
原告が思いを訴えます。

終了後、報告集会が開かれます。
・13時〜
・弁護士会館5階508号室

東京外環道訴訟を支える会のブログ