2月28日(火)浜矩子講演会を開催します。

浜矩子さんは、「アホノミクス」の名付け親。
歯に衣着せぬ物言いで、政治、経済をぶった切っておられることで知られる論客です。
その浜さんを招き、巨大公共事業と日本経済という大きな視点から
外環道路をとらえてみたいと考えています。
題して「大規模公共事業と日本経済のゆくすえ」

外環道路は、1兆数千億円の巨費を使い、
建設目的が曖昧。自然環境も住環境も破壊する、巨大プロジェクトです。
このような道路をつくることの経済的、政治的意味はなにか?
いっしょに問い、学び、力としましょう。

【日時 場所】
2017.2.28(火)14時00分~16時00分
会場・三鷹市社会教育会館4階講堂
   東京都三鷹市下連雀6-13-13  Tel0422-43-9159
※ 参加無料・途中入退場可・どなたでもお気軽にご参加ください

外環ウオーク「中央JCT・天神山遺跡」編

中央JCTの工事が本格化する段階に入りました。広大な敷地を高いフェンスで囲い、長いクレーンが林立しています。
外環道路の圧倒的な巨大さを伺うことができます。
すでに、周辺住民の方々は震度5~4ともいう振動に悩まされています。
近くの天神山遺跡の発掘も最終段階に入り、見学会の案内チラシができています。

この機会に、中央JCTの現状と天神山遺跡の視察を企画しました。
外環道路計画の巨大さと地元の現状を、そして、人間の歴史が消されていく様子を、ご一緒に体感しませか。

外環ウオーク「中央JCT・天神山遺跡」

日時 2017年2月25日(土)午前10時30分~午後2時ごろ

集合 午前10時30分に、小田急バス 下本宿バス停

天神山遺跡見学会_バス時刻表下本宿バス停へのアクセス 小田急バス 吉祥寺南口~千歳烏山北口(吉2)をご利用ください。
吉祥寺南口からは9時59分発、下本宿10時15分着、または10時10分発、下本宿10時26分着
千歳烏山北口からは10時02分発、下本宿10時10分着、または10時14分発、下本宿10時22分着が便利です。

ウオークコース 下本宿10時40分発→ 中央JCT沿いに北野公民館方向11時ごろ→ 天神交差点付近で昼食11時30分ごろ

(昼食休憩約1時間)→
天神山遺跡見学​午後1時~2時 現地解散

帰り
​ 遺跡近くに「新川天神山青少年広場」バス停があります。
コミュニティバスなので、1時間に1本です。

​ 三鷹台駅(井の頭線)行き 午後1時37分発、または2時33分発
千川駅​(京王線)行き 午後2時8分発 または午後3時5分発

中央JCTの解説は、地元の皆さんが担当します。
遺跡に関しては東京都埋蔵文化財センターが行います。
天候について: 雨天中止

問い合わせ先
小笠原 090-1214-8044
大塚 090-1858-6665

【東洋経済】誰のための外環道―遅すぎた50年越しの着工


【全文】→ 東洋経済-1 東洋経済-2

2017年 2月11日付(6日発売)の週刊東京経済に
「誰のための外環道――遅すぎた50年越しの着工」が掲載されました。

経済専門誌としての視点から、外環道路の経済波及効果の低さを
明らかにしています。

まず、トラック、バス、配送業界への取材。
どの業界も、外環道興味を持っていません。
環八は使わない。中央環状を使っていて、それで充分

さらに、記者の分析として、外環道路周辺には、圏央道の場合のように物流施設を設けるようなスペースもなく、
開通後の経済効果は少ないとの見方を示しています。

取材対象は、住民側が、市民外環連絡会の田代雄卓 外環道検討委員会(杉並)の古川英夫氏、大塚康高氏
国側では、国土交通省関東地方整備局野笹氏、外環事務所四童子所長。

タイトルがそのまま外環道路の問題点を表現しています。

外環道路、五輪までの開通断念!

『五輪までの開通』は、計画当初の工期から考えれば、無理なことは明らかでした。
事業者は、そのことを正式に認めたことになります。

詳しくはこちら

12月4日 (日) 合同集会&総会を開催します。

〜「外環予定地・住民の会」&「市民による外環道路問題連絡会」合同集会のお知らせ〜

今、外環道路計画が
近くに住む人の心配を無視して
急速に、押し進められています。

外環予定地に住む人たちに、
国交省が、土地使用の権利をゆずれと
迫っています。

私たちの町の安心な暮らしが
おびやかされているのです。

けれども、
「わたしは明日もここに住む」と
外環予定地の土地に権利を持つ方々が
手をつないでいます。
住民の大切な権利と環境を守るために。

外環道路計画の中止を求める署名も
増えつづけています。

巨大な道路が、豊かな環境をこわす前に
穏やかな生活を、奪われないように

一人ひとりの力を合わせて
外環中止への道を、歩みつづけましょう。

集会に、ぜひ、ご参加ください!

【日時 場所】
2016. 12.4 [日] 午前10時15分〜12時
会場・井の頭コミュニティセンター 新館
   三鷹市井の頭 2-32-30 Tel 0422-44-7321
   京王井の頭線 「井の頭公園駅」より徒歩 5分
※ 参加無料・途中入退場可・どなたでもお気軽にご参加ください

プログラム[予定]
❶外環問題・ここが知りたいQ&A  
❷今どうなっているのか?!

  〜国交省と住民 ザ・ドキュメント〜  
❸これからを考えよう
 「外環予定地・住民の会」誕生からの2年
❹ つながろう 続けよう
  〜10年目を迎えた「市民による外環道路問題連絡会」〜

—ひき続き「交流会」も行います
交流会 午後12:00〜13:00

集会のご案内

10月1日 (土) 学習会を開催します

− 見て、聞いて、ともに考えるシリーズ – 第6回
トンネルって安全なの?
   住民に何ができるの?

そもそもトンネルって安全なの?
いいえ。外環トンネルと同じ工法(シールド工法)で、工事事故は、
こんなにたくさんありました!

その事故の経験を生かし、住民側が事業者から勝ち取ってきた権利もあります。
しっかり学んでしっかり主張! 
自分たちの生命・財産は、自分たちの手で守りましょう。

自らも外環計画線内に住む菊地春代さんを招き、
トンネル工事災害の実情とその原因について学びます。

家屋調査が届いた家は、トンネル工事の影響を受ける可能性がある家です。
ぜひ、ご参加下さい。

10月1日 (土) 19:00〜21:00 
会場 三鷹台地区公会堂 (三鷹市井の頭2-21-18)

参加費無料